Life goes on

それでも人生は続く。

英語コミュニケーションのレベルについて整理した(メール、チャット、テレカン)

仕事において、一口に「英語でコミュニケーションする」と言っても、その方法によって難しさは全然違う。以下に個人的に感じる難しさを整理してみた。

・Level1:メール
・Level2:チャット(Skypeなど)
・Level3:対面の会話
・Level4:テレカン(電話会議。コールとも言う。)

Level1:メール


最も使う頻度が多いであろうコミュニケーション。読んで理解するのも、返事を書くのも時間が十分にある場合が多いので、圧倒的に楽。

それでも初めて英語を仕事で使うような人の場合は、特に書く方がキツいだろう。ググればそれなりに定型文などが出てくるものの、自分が本当に言いたい部分は中々上手く書けない。日本語なら2、3分で書けるような内容が、平気で10~15くらいかかってしまうだろう。

「お世話になっております」とか「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」など日本語メールでは必要な内容も書くのか、書かないのかよくわからなかったりして悩んだりする。この点については、日本語のように形式的なあいさつや配慮の言葉はほとんどの場合いらず、ストレートに要件だけ書くのがいいと思っている。


私もメールを書くのに相当慣れてきたものの、少し込み入った内容を書こうとするとまだまだ時間がかかるのが現状だ。

あと一番楽と書いたものの、あくまで必要最低限のコミュニケーションの場合だ。日本語の場合と同じく、本当にわかりやすく、過不足ない内容のメールを書けるようになるためには相当高い英語力が必要である。

Level2:チャット(Skypeなど)

海外オフィスなどにいる人とコミュニケーションする場合に使う。少し複雑な内容を議論をしながら確認したい場合など、メールよりも便利である。

読んで理解したり、返事を考える時間はある程度あるものの、瞬発力が求められるためメールよりはるかに難しい。多少崩れた文章を書いても許される部分はあるが、相手が待っているというプレッシャーがある。相手は1分もかからず返信してくるのに、こっちは2、3分かかってしまったりする…。

瞬間英作文で瞬発力を鍛え、まずチャットくらいは気楽に使えるようにしたいと思う。

Level3:対面の会話

英会話だとか英語でコミュニケーションと聞いて、真っ先に思い浮かぶ形。人によって違うと思うが、自分の場合は海外出張くらいでしか対面で話す機会がなく、頻度は少ない。

リスニング、スピーキングの力が必要なので、普通の日本人にとって英会話は難しい。相手が非ネイティブかネイティブかによっても難しさは異なる。私は相手が非ネイティブかつ完全に仕事の話題なら何とか話せる、くらいのレベルだ。

なお、日本の英会話レッスンなどは、講師が意識的に(あるいは無意識のうちに)わかりやすく、きれいな英語で話してくれるため、実戦における会話とは別物といっていいくらいレベルが違う。

対面の場合、相手もこちらの様子を見て、ある程度はこちらのレベルを考慮して話してくれるだろう。状況にもよるが最悪ホワイトボードとか紙をに書いて補足するという手段もとることが可能。この点、次のテレカンよりもだいぶキツさはましである。

Level4:テレカン・コール(電話会議)

対面よりもテレカンやコールの機会のほうが多い、という人もけっこういるのではないかと思う。電話なので対面よりも聴き取りがはるかに難しい。ある程度慣れの部分もあるとは思うが、対面よりも高いリスニング、スピーキング力が求められる。

私の場合は基本はメールやチャットで済むのだが、場合によってはテレカンが必要になってくる。当然ながら重要度、緊急度が高い場合が多いので非常に辛い。テレカンを無難こなせるようになるのが私の当面の目標である。

テレカンをこなせるくらいまで英語力がつけば、かなりの武器になるだろう。


以上、仕事における英語のコミュニケーションについてまとめてみた。人によってどの方法を使うかは大きくバラつきがあると思う。

コミュニケーション方法によってライティングなのか、リスニング・スピーキングなのか必要なスキルも違うので、自分に必要なスキルを見極めて鍛えていくことが大事だ。

久しぶりに英語学習を再開した

数か月前に転職をしてコンサル業界に入り、英語をゴリゴリ使う仕事をしている。と言っても読みと書き(主にメール)がほとんどなのだが。

少なくとも現状では英語力が仕事の効率、精度にかなり影響する。実戦で使い続けることが最も効果的ではあるが、さらにプラスαがほしい。そういうわけで、とても久しぶりに英語の勉強をしている。

今は主に以下2つの教材で勉強している。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

数年前に買ったものだが、以前は学習がとにかく単調なので挫折した。

先に書いたように英語を話す機会はほとんどないのだが、それほど複雑ではない英文メールを大量に書かなければならない、という状況である。今の自分にとってはこのような英語の瞬発力を鍛えるためには最適な教材だと思う。

オンライン英会話にしようか迷ったが、英会話は内容のあるレッスンをしようと思うと相当エネルギーを消耗してしまう。結果として何となく過去に話したことがある内容を話すだけで終わってしまうことも多いので、ひとまず見送った。まずは瞬間英作文を固めていきたいと思う。

とにかく飽きないよう、毎日15分程度だがコツコツ音読するようにしている。 

English Grammar in Use Book with Answers and Interactive eBook: Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

English Grammar in Use Book with Answers and Interactive eBook: Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

 

English Grammer in Useは、文法学習の参考書として世界中で支持されてきたベストセラーである。洋書なので、英文法を英語で学習するということになる。

私は文法にはそれなりに強いつもりだったが、メールを書くときには、toとingの使い分けとか、前置詞、語法などなど、細かい部分が直感的にわからず、ストレスになることが多い。最終的には意味が正しく伝わればいいのだろうが、少しでも考える時間を減らしたいし、正しい英語を書けるようにしたいと思い、この参考書を手に取った。

文法の使い分け等をネイティブの感覚で解説してくれているので、効果があることを期待している。こちらもかなりのボリュームがあるため、コツコツ進めていきたい。


転職して数か月だが今は英語力がグングン伸びていると感じる。仕事で英語が必要ないにも関わらず勉強していた頃に比べると、大げさではなく2倍~3倍のスピードで力がついていると思う(単純に英語に触れている時間が全然違うということもあるが)。

実戦(仕事)で困らないレベルの英語力を身につけることは、日々の仕事のストレス軽減、仮に転職することになった場合のチャンスの拡大、日常の情報収集に活用、につながる。今は英語を学習するメリットが明確になっている。機会もモチベーションもある今のうちに、最大限、英語力を高めておきたい。

ふるさと納税で特にほしいものがない人におすすめの寄付先

ふるさと納税、制度は何となく知っていても「寄付先を選ぶのが面倒」とか、「手間をかけてまでほしいものがない」という人も多いのではないでしょうか。

そこで、ふるさと納税サイト最大手の「ふるさとチョイス」から、もらってお得感のある日用品や、寄付金に対する還元率が高いポイントがもらえる寄付先をまとめました。

まず先に、ふるさと納税のメリットはざっくり以下のとおりです。(2016年時点)

  • 好きな自治体に一定金額(年収500万円で、独身の場合だと約6万円くらい)まで、自己負担2,000円で寄付できる
  • 自己負担2,000円以外の金額は、翌年の所得税と住民税から減額される(※)
  • 1万円寄付すると、だいたい2,000円相当の「お礼の品」を贈ってくれる自治体が多い(自己負担2,000円なので確実に得する)
  • ほとんどの自治体は、寄付金のクレジットカード払いも可能
※減税を受けるためには確定申告又は「ワンストップ特例」による申請(寄付した自治体への本人確認書類やマイナンバーの提出)が必要です。
 
寄付金額等の詳細は「ふるさとチョイス」のサイトがわかりやすいので、こちらを参照してください。

では、本題の寄付先の紹介です。 

1. 鳥取県西伯郡伯耆町(いろはす)

1万円の寄付で「いろはす 555ml*24本」1箱がもらえます。各地の名水をくれる自治体はたくさんありますが、知ってる水のほうが安心、という人も多いでしょう。

5万円くらい寄付すると、当分ミネラルウォーターには困りません。多少置き場所に困るかもしれませんが。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 鳥取県西伯郡伯耆町 - 204 いろはす 大山が育んだ天然水 (555ml×24本)


2. 北海道赤平市(エリエールのティッシュ)

2万円の寄付で「エリエール贅沢保湿 12箱+トイレットティシュー96ロール」がもらえます。1万円でティッシュまたはトイレットペーパーどちらかにすることも可能です。

3. 長野県小谷村(モンベルのポイントバウチャー)

11,000円の寄付で「モンベルポイントバウチャー5,000pt」がもらえます(30,000円の寄付なら15,000pt、等もあります)。

モンベルの会員登録が必要になりますが、1pt=1円でモンベルの買い物に使えます。品物をもらうよりも寄付金に対する還元率がよいので、モンベルで買い物する人にはおすすめです。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 長野県北安曇郡小谷村 - モンベル ポイントバウチャー5,000pt


4. 鹿児島県南さつま市、他(ピーチアビエーションのポイント)

1万円の寄付でピーチアビエーションのポイント5,000ptがもらえます(有効期限180日間。1pt=1円で航空券等に利用可能)。

こちらも還元率がよいので、ピーチアビエーションを確実に利用する機会があるという人にはおすすめ。
 
南さつま市の他にも大阪府泉佐野市等に寄付した場合も同様のポイントがもらえます。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 鹿児島県南さつま市 - PA01 ふるさとへ帰ろう!Peachセット①

寄付を申し込んでからワンストップ納税等の必要書類を送ってくれるまでに、早い自治体は1週間程度、遅い自治体は1か月くらいかかります。今年分のふるさと納税をまだやっていない人は、早めに寄付することをおすすめします。

公式 ふるさとチョイス厳選 ふるさと納税カタログ 2016年度版 ([バラエティ])

公式 ふるさとチョイス厳選 ふるさと納税カタログ 2016年度版 ([バラエティ])