読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life goes on

それでも人生は続く。

【読書メモ】貯金兄弟

マネー 読書

 

貯金兄弟 (PHP文庫)

貯金兄弟 (PHP文庫)

 
  •  大学に進学して大企業に就職か、高卒で公務員か
  • たくさん稼いで消費して人生を楽しむか、節約して質素な生活で貯金するか
  • 生命保険はどんな種類のものを選ぶべきか
  • 持ち家か賃貸か
  • 老後資金はどれだけ必要か 
こうした様々なお金の問題について、「大手広告代理店に就職し、派手に浪費する兄」と「高卒で消防士になり、将来のため節約に励む弟」という対照的な兄弟のストーリーを通じて学ぶことができる。これまでお金や貯蓄のことについて考えたことのない人のとっかかりとしてはよい本。
 
(※以下ネタバレを含みます。)
ストーリーの途中までは金融リテラシーが高く、質素に生活する弟が順調な人生を歩む展開だが、ある事件をきっかけに弟の人生が大きく変わる。ラストはたくさん稼いで消費した兄は幸せで、弟は「もっと自分や子供のためにお金をつかえばよかった…」のように後悔する展開で終わる。

「兄弟の絆はお金にかえがたい」とか「お金がなくても楽しく生活することはできる」みたいな締め方がされているものの、これには違和感を感じた。この本は貯蓄や金融リテラシーの重要性を説くことがテーマのはずだ。「人間関係はお金より大事」とか「節約し過ぎるのもよくない」といったことを言いたくて、あえてこの展開にしたのかもしないが、中途半端な感じになっている。
 
ストーリーの兄のように大企業で(役員クラスまで)出世すればたくさん稼げるので、金融リテラシーを身につけず浪費しまくってもなんとかなる。これは真理かもしれないが、一般人には無理だ。金融リテラシーを身につけたいと考える普通の人をターゲットにするのであれば、もっと弟の苦労が報われる展開があってほしかった。
 

【読書メモ】ジム・クレイマーの株式投資大作戦

資産運用 投資関連本

 

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

  • 作者: ジムクレイマー,James J. Cramer,井手正介,吉川絵美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 9人 クリック: 45回
  • この商品を含むブログ (38件) を見る
 

本書で繰り返し主張されるのは、「バイ・アンド・ホールド」ではなく「バイ・アンド・ホームワーク」です。

個別銘柄のオーソドックスな分析(株価収益率や期待成長率)を基本とし、セクターごとのトレンド、投機的な銘柄の調査、暴落(集中的な買いを入れるタイミング)か否かの判断…など地道な分析(ホームワーク)をしっかり行えば、インデックスを上回るパフォーマンスを実現できる、というのが本書のテーマです。

なお、ジム・クレイマーはバイ・アンド・ホールドを完全に否定しているわけではなく、老後資金であれば買い持ちでいいし、前述のホームワークをする時間のない人は、個別銘柄ではなくインデックスファンドを買ったほうがよいと言っています。


 個人的に特に参考になったポイントをまとめます。

・株式は5銘柄に分散投資。ただしホームワークは1銘柄につき1週間に1時間は必要。時間がとれるのであれば、理想は10銘柄に投資。15銘柄を超えるのであれば、投資信託を買えばよい。
 
・分散投資する銘柄は、身近にありよく知っている企業(今後の業績等を高い確率で予想できること)、石油株、優良大企業の株(配当2.5%以上)、金融関連株、小型株等の投機銘柄(資金の20%まで)。
 
・セクターローテーションを見極め、割安な株を買う。例えば景気上昇時には安定成長銘柄を、景気後退時には循環型銘柄を買う。
 
・企業のファンダメンタルズは短期(12か月から18か月)では株価変動にわずかしか影響しない。マーケットでは理由なく上昇したり、下落したりすることはいくらでもある。重要なのは適切なタイミングでトレンドに乗ること。
 
・長期投資目的なら、値下がりすれば買い増す。トレーディング目的なら、あるシナリオを前提に大量に買い、その前提が起こらなければすぐに損切りする。当初の目的と異なることをやってはいけない(長期投資で買ったのにすぐに売却したり、トレーディングで買ったのに損切りが嫌で塩漬けしたりしない)。
 
・取引の手数料が下がっているため、短期売買しても問題ない。税金を気にせず、大儲けできたら利益を実現する。欲張り過ぎるとせっかくの利益が消えてしまう。
 
・大きなボトム(暴落)に備えて発動できるキャッシュを持っておく。投資にあてられる金額の最低10%、最大25%のキャッシュを準備する。


まだまだ参考になる部分はあるのですが、この辺で。本書に書いてあることをしっかり実践できれば(実践するのは相当難しいと思いますが…)、インデックスを上回ることができるでしょう。本書は全て米国株の話ですし、やや古い話題も含まれますが、株式投資をする人は必読です。

持株会に入るメリット・デメリット

マネー 資産運用
上場企業に勤めている人だと、会社に持株会の制度があるという人も多いかと思う「持株会は得なのか?」「入るならいくらくらいにすればいいのか?」迷う人もいるだろう。今回は持株会に入るメリット・デメリットについてまとめる。
 

持株会のメリット

・奨励金が出るため安く株を買うことができる
・単元株数に満たない少額でも投資できる
・毎月給料からの天引きのため、長期間継続して積立できる

持株会の最大のメリットは奨励金が出ることだろう。会社によって異なるが、5%〜10%の奨励金が出る場合が多い。例えば1万円を投資することにしていると、10,500円分の自社株を購入できる。

「ノーリスクで5%以上の金額が上乗せされる」と考えると、かなり魅力的に感じる。しかし、後述のデメリットを踏まえて考える必要がある。

持株会のデメリット

・会社の業績が悪化すると、給与(ボーナス等)も資産(株価や配当)も下落する
・(自分で買う場合に比べて)自由なタイミングで売買ができない
 
自社株に投資することは、「卵を1つのカゴに盛る」ことだ。業績が急激に悪化した場合には、給与も資産(株価、配当金)も減ってしまう。逆に「業績が好調なら給与も資産も増加する」と考えることもできるが、自社株を持っていなくても給与増加の恩恵は受けられる。よほど愛社精神があるならともかく、できる限りリスクを避けることを考えたほうがよい。

また、奨励金が出るからといって例えば毎月5万円を持株会に入れたりすると、よほど高給でない限り、他の金融資産に分散投資する余力がなくなる。投資に少しでも関心のある人なら、自社株より魅力的な投資対象もたくさん知っているはずだ。
 

以上から結論としては、「持株会に入る必要はない。入る場合は少額(多くて1万円程度か)にしておく」のがよいだろう。