Life goes on

それでも人生は続く。

年賀状を書くのが面倒な人は「郵便年賀.jp」でサクッとすませよう

後回しにしてこの週末に年賀状を書いている人も多いんじゃないだろうか。私のことですが。年賀状を書くのが毎年おっくうでしょうがない。

家族がいる人は年賀状に子どもの写真を入れたりとかいろいろ楽しみもあるのかもしれないけれど、私のような独身者にとっては本当にわずらわしい作業でしかない。

「年賀状を全く書かない」という勇気ある決断は社畜には中々できないだろうし、「送ってきた人だけに書く」というスタンスでも、結局ある程度の枚数は作らないといけないため準備が必要になる。

年賀状が好きな人にとっては申し訳ないが、大部分の人にとって年賀状は、「デザインや質にはそんなにこだわらないのでサクッと終わらせたい」ものではないだろうか。

 

そこで、郵便年賀.jpというサービスを使ってみた。


郵便年賀.jp

 

郵便年賀.jpとは日本郵便が毎年提供しているサービスで、無料のソフトで年賀状が作れるサービスだ。

私は毎年本屋で安く売られている、筆まめのサンプル版みたいなやつを買ったりしていたのだが、毎年買うのもバカらしいので、このサービスをとりあえず試してみた。

 

使ってみた感想は、予想以上にクオリティが高い。本当に簡単な操作で作れるし、テンプレートとかの素材も十分に揃っている。冒頭で書いたように、とにかくサクッと済ませたい人にはこれで十分だと思う。

「はがきデザインキット」というソフトで作るのだが、画面はこんな感じ

f:id:rs-hmgsr:20141227171357p:plain

右側にあるテンプレートから好きな素材を選んで、左側にドラッグするだけ。(赤い矢印で書いたイメージ)

出来上がりはこんな感じで。私のプリンターの質がアレなのが残念だけど、まあこの程度で十分かなと。

f:id:rs-hmgsr:20141227171743j:plain

 家にプリンターを持っていれば、かかるのは年賀はがき代だけなので、お金の節約にもなる。もはや本屋でソフトを買ったりする必要はない。また、面倒だからといってコンビニとかにある絵柄がプリント済みの年賀状を買うのはやめておこう。質は高いけれど、値段が高すぎる。5枚で500円とか平気でする。 

とういうわけで、これから年賀状を書く人は、ぜひ郵便年賀.jpで作ってみてはいかがだろうか。

  

年々、年賀状の発行枚数が減っているけれど、それを抑えるために日本郵便「はがきデザインキット」以外にもいろいろサービスを提供しているようだ。

住所を知らなくてもLINEの友だちに年賀状を送ったりできるとか。正直このサービスにはあまり魅力を感じないけれど、毎年あの手この手を考えているのはすごい。

個人的には、あとはもう少し年賀はがきの値段(1枚52円)が安ければいいのになあと思う。