読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life goes on

それでも人生は続く。

NISA口座で海外ETFに投資する

日記 資産運用
先日、今さらですがNISA口座を開設しました。
 
私は勤務先の都合上、個別株への投資ができないこともあり、インデックス投資で資産運用をしています。これまで読んだインデックス投資関連の本でもNISAを積極的に活用するように推奨されていたのですが、いまだにNISA口座を開設すらしていませんでした。
 
NISAを使っていなかった理由としては、次のとおりです。
  • NISAは他の口座と損益通算ができない。日経平均が(しばらく前まで)伸び続けていたので、このタイミングでNISAで投資しても損失が出るかもしれない。
  • 住民票などを用意して申し込むのが何となく面倒だった。
しかし最近になって、よくよく考えると「配当が非課税になる」というだけでも十分にNISAを使うメリットがあると思いました。
 
早速、メインで使っているSBI証券でNISA口座を開設することにしました。
 
私のように申し込みを面倒と感じている人のためでしょうか、SBIでは「住民票取得代行サービス」を無料でやっています。このサービスを利用すれば、ネット上で口座開設の書類を請求し、届いた書類に記名押印して郵送するだけで申し込みが完了します。
 
ただし、住民票を代行取得してもらう分、口座開設完了までの日数は長くなります。私の場合は書類を郵送してから1か月程度で口座開設が完了しました。
 
 
そして先日、NISA口座の開設が完了したので以下のETFを買いました。
・バンガード・トータル・ワールドストックETF(海外ETF)
・TOPIX連動型上場投資信託(国内ETF)
 
この組み合わせは、『超簡単 お金の運用術』でも推奨されていた組み合わせです。この組み合わせであれば、先進国中心ですが世界中の株式に投資でき、2%前後の配当が期待できます。

全面改訂 超簡単 お金の運用術

全面改訂 超簡単 お金の運用術

 

「バンガード〜」については、SBI証券で「NISA口座で海外ETFを買う場合は、買付手数料が無料」というキャンペーンを今年いっぱいやっています。

 
海外ETFへ投資する際にネックとなる、買付手数料(SBI証券の場合は25ドル)が無料なのは大きいので、海外ETFを買うには絶好のチャンスだと考えました。
 
私は毎月約10万円ずつ投資しているので今年分のNISA枠は使い切れそうにありませんが、しばらくはNISA口座でこれらのETFを買っていこうと思います。特に海外ETFは、買付手数料無料のうちにできるだけ多く買っておきたいところです。

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)