読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life goes on

それでも人生は続く。

麻布テーラーでオーダースーツを作った

f:id:rs-hmgsr:20151114191238j:image

麻布テーラーでオーダースーツを作った。お値段は49,000円。
そこそこ良い生地を使ってジャストサイズのスーツができるのでコスパがいい。
セレクトショップの既製品も持っているが、同じくらいの生地でも10万円弱するし、自分の体型にぴったりのものがあるとは限らない。


麻布テーラーのオーダースーツは、基本のデザインやシルエットの型が決まっており、それを基に自分の体型に合わせて仕立てるというもの。
「パターンオーダー」となっているが、生地に加えてボタンなど様々なオプションも選べるため、一般的に「イージーオーダー」と呼ばれる方法に近い。

以下、麻布テーラーでのオーダーの流れを書きます。

1.生地を選ぶ

最初に生地を選ぶ。スーツのほとんどは生地で決まるので、ここが一番重要。
まず、生地の質によって3つの価格帯がある。

  • 麻布テーラーオリジナル(¥37,000〜)
  • WORLD TRAVELER(¥49,000〜)
  • インポート生地(¥59,000〜)

今回選んだのはWORLD TRAVELERの生地。

f:id:rs-hmgsr:20151114191433j:image

高い生地ほど着心地がいいので、予算が許す限り、高い生地を選ぶのがおすすめ。

どの価格帯の生地でも、色・柄などたくさんの種類があるので、自分のイメージに合うものを時間をかけて選ぼう。

オーダースーツでデメリットを挙げるとすれば、生地だけを見て出来上がりをイメージするのがやや難しいこと。ストライプがキツすぎる生地とかを選んで、出来上がってから「イメージと違った」ということのないように注意したい。

店員さんに「この生地に近い色(柄)の完成品ありますか?」と聞けば、近いスーツをいろいろ見せてくれるので、どの生地にするか迷ったらお願いしてみるといい。

2.型とその他オプションを決める

次に基本となる型を決める。クラシコイタリアモデルとかブリティッシュモデルとかあるが、正直イラストを見ても違いはあまりイメージできなかった。
「仕事用であること、オーソドックスなタイプでいいこと」を店員さんに伝えてクラシコイタリアモデルにした。

次に裏地の色、ボタンの種類・色、スラックスのシングル・ダブルなどを決める。
「袖のボタンを少し重ねるかどうか」とか「ポケットの角度など」今まで気にしたことのないポイントについても選ぶため、少しとまどった。

迷ったら、店員さんに「オーソドックスな(ry」と言えば無難なのを提案してくれる。有料のオプションもあるが、特にこだわりがなければ無料のみでいいと思う。

f:id:rs-hmgsr:20151114163701j:image

f:id:rs-hmgsr:20151114191447j:image

3. 採寸

最後に試着用のスーツを着て、採寸する。
タイトめにするかとかいろいろ聞かれるが、基本的におまかせでいいと思う。
担当の店員が採寸してくれた後、別の店員が間違いがないことを確認するため採寸してくれたりして、丁寧だった。

4. 約1か月待ったら、出来上がり

オーダーなので、仕上がるまでにやや時間がかかるので注意。


以上。生地が良くてジャストサイズのスーツは着心地が全然違う。
「量販店の安いスーツは嫌。だけどセレクトショップとか百貨店ブランドほどお金かけたくない」って人には麻布テーラーおすすめ。

f:id:rs-hmgsr:20151114192836j:image

www.azabutailor.com