読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life goes on

それでも人生は続く。

資産運用を続けると老後までにいくらになるか計算してみよう

ふと思い立って、自分の今の金融資産、年間の投資額、だいたいの利回りで投資を続けていくと、老後(65歳)までにいくらになるのか計算してみた。

私の場合は今の資産が400万円、毎年120万円投資、利回り(目標)は2%、みたいに。

エクセルで計算できるが、面倒であれば以下のサイトでも計算できる。

 
65歳までにいくらくらいになるのかだいたいわかるし、「元本や毎年の投資金額を増やす」ことがいかに大事かというのが実感できる。

上記の元本400万円、毎年120万円投資、利回りは2%で計算すると、あと30年後には約6,800万円になる。これだけの金額があれば十分過ぎるように思える。
 
総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編)ー平成27年(2015年)平均速報結果の概況ー」という統計を見ると、「家計収支(二人以上の世帯のうち高齢無職世帯)」≒年金だけで生活している夫婦の収支は、「毎月約8万円の赤字」となっている。 

統計局ホームページ/家計調査報告(家計収支編)―平成27年(2015年)平均速報結果の概況―


65歳から85歳まで20年間は生きるとすると、「8万円×12か月×20年=約1,900万円」が必要ということになる。

一般的には「老後資金として3,000万円必要」と言われているが、病気になったり介護施設に入ったりすればそれぐらい(場合によってはもっと)必要になるだろう。他にも年金制度も崩壊しているかもしれないし、65歳過ぎても働いて収入があれば、状況は全然変わってくる。

とりあえずの目安として「2,000万円〜3,000万円必要」と考えておけばいいのではないだろうか。

 
では、私はこのままいくと老後までに6,800万円(退職金があればもっと)の資産形成ができるから安泰か、というと全くそんなことはない。

上記の前提はあくまで、「リーマンショック等の暴落がなく、大きな出費がない、かつ毎年安定して投資を続けられる」という前提だからだ。

結婚して子供できて、家を買って、となれば状況がまるで変わる。毎年安定して投資することすら相当難しくなるだろう。
 
最近、麻生さんのこの発言が個人的にはすごくいいと思った。


結婚なり子供なりのライフイベントで今まで貯めた資産を全て使い果たすみたいなのも嫌だけど、麻生さんも言ってる通り、結局お金は使わないと意味ない。これからも投資は続けるけれど、ここぞという時にはお金を使えるようにしておきたい。

シュミレーションどおりに資産運用が進むのかどうかは結局のところわからないが、「今のままいくと将来いくらになるのか」を知っておくことは非常に重要だと思う。

将来の資産が少ないと感じるのであれば、貯蓄や投資の金額を少しでも増やすしかない。将来に漠然と不安を抱えてもしょうがないし、できることからやっていこう。