読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life goes on

それでも人生は続く。

【読書メモ】貯金兄弟

マネー 読書

 

貯金兄弟 (PHP文庫)

貯金兄弟 (PHP文庫)

 
  •  大学に進学して大企業に就職か、高卒で公務員か
  • たくさん稼いで消費して人生を楽しむか、節約して質素な生活で貯金するか
  • 生命保険はどんな種類のものを選ぶべきか
  • 持ち家か賃貸か
  • 老後資金はどれだけ必要か 
こうした様々なお金の問題について、「大手広告代理店に就職し、派手に浪費する兄」と「高卒で消防士になり、将来のため節約に励む弟」という対照的な兄弟のストーリーを通じて学ぶことができる。これまでお金や貯蓄のことについて考えたことのない人のとっかかりとしてはよい本。
 
(※以下ネタバレを含みます。)
ストーリーの途中までは金融リテラシーが高く、質素に生活する弟が順調な人生を歩む展開だが、ある事件をきっかけに弟の人生が大きく変わる。ラストはたくさん稼いで消費した兄は幸せで、弟は「もっと自分や子供のためにお金をつかえばよかった…」のように後悔する展開で終わる。

「兄弟の絆はお金にかえがたい」とか「お金がなくても楽しく生活することはできる」みたいな締め方がされているものの、これには違和感を感じた。この本は貯蓄や金融リテラシーの重要性を説くことがテーマのはずだ。「人間関係はお金より大事」とか「節約し過ぎるのもよくない」といったことを言いたくて、あえてこの展開にしたのかもしないが、中途半端な感じになっている。
 
ストーリーの兄のように大企業で(役員クラスまで)出世すればたくさん稼げるので、金融リテラシーを身につけず浪費しまくってもなんとかなる。これは真理かもしれないが、一般人には無理だ。金融リテラシーを身につけたいと考える普通の人をターゲットにするのであれば、もっと弟の苦労が報われる展開があってほしかった。