Life goes on

それでも人生は続く。

【映画メモ】恋はデジャ・ブ(原題:Groundhog Day)

 

恋はデジャ・ブ (字幕版)

恋はデジャ・ブ (字幕版)

  • ハロルド・ライミス
  • コメディ
  • ¥1000

「1つの場所から出られず、毎日が同じ事の繰り返しならどうする?」

気象予報士の男が、ある田舎町で2月2日(グラウンドホッグデーという祭りの日)を延々と繰り返さなければならなくなるというコメディ。

どんなことをしても2月3日にはならない(目覚めると2月2日の朝に戻っている)ため、それを利用して主人公は暴飲暴食、女を口説く、強盗など欲望のままにやりたいことを一通りやります。しかし退屈な日々から抜け出すことはできない。自分だけが延々と同じ日を繰り返さなければならないことに耐えきれず自殺しても、また2月2日の朝に戻ってしまいます。

ある時から、主人公は無限に続く時間を、自分だけでなく周りの人のために使うようになります。町中の人を助けたり、ピアノを練習して披露したり。自己中心的で嫌なやつだった主人公が、周りの人から尊敬され、生き方が変わっていく…。



こんな物語です。この映画ではタイムスリップ的な超常現象により全く同じ日を繰り返すわけですが、「代わり映えしない毎日を繰り返さなければならず、抜け出すことができない」という点は、私たちの日常にも当てはまるのではないでしょうか。

家と会社を往復するだけの毎日。同じような仕事をして、同じ人に会い、同じような食事をとる。特別なことなんて滅多にありません。
 
冒頭の言葉は2月2日から抜け出せないことを嘆く主人公のセリフですが、私たちへの問いかけともとらえられます。「もし単調な日々が続くとしても、とにかく全力で楽しみたいことや挑戦したいことがあるのか?」と。

私は最近、モチベーションが上がらず、「特にやりたいこともない」という状態が続いてます。しかし考えてみると、映画の中で主人公がピアノを練習したように、「時間があったらやりたい」と言いながら本気でやろうとしていないことがいくつかあります。映画と違って時間は限られていますが、そういったことを手当たり次第やってみるといいのかなと思いました。あと、時には欲望のままに動いてみるのがいいかもしれない。

結局は一日一日を精一杯楽しむこと、自分から変えようとする姿勢がなければ退屈な日々から抜け出すことはできない。そういうことを改めて実感させてくれる映画です。