Life goes on

それでも人生は続く。

TOEIC800点を超えるための勉強法(TOEICリスニング編)

今回はリスニングパートについて。

正直、リスニングについてはTOEIC対策をあまりやっていない。勉強時間が限られていたので、リーディング対策が中心だった。

TOEIC対策の参考書でよかったのはこちら。

TOEICテスト出まくりリスニング(CD付) (短期決戦の特効薬!)

TOEICテスト出まくりリスニング(CD付) (短期決戦の特効薬!)

 

Part2〜Part4形式の問題がたくさん入っているので、これで練習した。

リスニングパートのコツは以下のとおり。

  • Part1⇒最初のガイダンスの間に全問題の写真を見ておく
  • Part2⇒最初の疑問詞(whoとかwhen)を聴き取ることに集中する
  • Part3、Part4⇒各問題が読みあげられる前に問題文と選択肢を読んでおく
  • 聞き逃したり答えに迷ったら、勘で答えを選び、すぐに次の問題に備える

Part3とPart4は問題を解きながらも、次の問題文と選択肢を読んでおくことが必要なため、リーディングの力も重要だと思う。前回のエントリーで書いたように、和訳せずに英語を理解できるレベルになると、このあたりはかなり楽になる。

リスニングの参考書はリーディングに比べると良書が少ないように思うので、後は公式問題集をしっかりやり、TOEICに限らずいろんな音源を聴いていけばよいと思う。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

 

余談だが、英語を聴いて英語のまま理解できるようになったのは、リスニング400点を超えてから、さらに半年から1年くらい経ってからだったように思う。その間もpodcastなどで毎日リスニングは継続していた。

TOEICの点数はリーディングよりもリスニングの方が高くなりやすいけれど、実践的なことを考えると、やはり普通の日本人にとって難しいのはリスニングだと思う。

仕事で英語を使いたい人は、TOEICで高得点をとっても、まだまだリスニングの練習をしていかないといけない。